「肝臓がん末期闘病記」の記事一覧

私、笹野富美夫の肝臓癌末期闘病記はこちらから

余命3ヶ月から1年、胆汁記録帳を始める

肝臓がん末期闘病記
胆汁の出を記録していたメモ帳1:肝臓がん末期闘病記

『1年前の今頃は、本当に大変な思いをさせてしまったな。』『そうだよね。1年経ったんだね。もうあんな思いは二度としたくないよ。先生からお父さんが死んでしまう状態だと聞かされてあの時は必死だったけど、でも今思えばお父さん、本当によく助かったと思うよ。』『うん。本当によく助かったと思うよ。』

『オバケ?』体験は本当でした

肝臓がん末期闘病記
同じ病室で同じ『オバケ体験』をした方がいました:肝臓がん末期闘病記

妻とコーヒーを飲みながら休憩したいると、私達から少し離れたところに座っていた患者さん数人の話しが耳に入ってきました。話しの内容に思い当たるところがあリ、少しの間聞き耳を立てていると、以前私が入院していた個室で体験したあの、『オバケ体験』に関する事でした。

ページの先頭へ