余命宣告を受け泣き崩れる:肝臓がん末期闘病記

私がカテーテル手術を受けた直後、妻は主治医から余命3ヶ月の宣告を受けていました。もちろん当時の私は全く知りませんでした。