「余命3ヶ月」タグの記事一覧

余命3ヶ月から1年、胆汁記録帳を始める

肝臓がん末期闘病記
胆汁の出を記録していたメモ帳1:肝臓がん末期闘病記

『1年前の今頃は、本当に大変な思いをさせてしまったな。』『そうだよね。1年経ったんだね。もうあんな思いは二度としたくないよ。先生からお父さんが死んでしまう状態だと聞かされてあの時は必死だったけど、でも今思えばお父さん、本当によく助かったと思うよ。』『うん。本当によく助かったと思うよ。』

肝臓がん末期闘病記ブログを記すにあたり

肝臓がん末期闘病記の笹野富美夫です。

私は2004年(平成16年)3月に肝臓がんの末期で余命3ヶ月の宣告を受けました。そして2005年(平成17年)11月、大変な闘病生活の末、全ての腫瘍が消えていました。主治医からは『医学会において例が無い』とまで言われました。

ページの先頭へ