末期がん(肝臓がん)を克服した一人として、【癌】と【免疫】について私なりにいろいろ調べて納得したり、時には疑問を感じたりすることがあります。

それもそのはず、【癌】にしろ【免疫】にしろ、目に見えない細胞の話しですから、【】と云う病気についても、いろいろな見解があると思います。

私達の身体は、約60兆個(Eva Bianconiらの論文においては、人体の細胞数はおよそ37兆個)の細胞から成り立っていると言われ、その60兆個の細胞は、古くなった細胞は死んで、新しい細胞が生まれると云う新陳代謝を健全に繰り返す事で、生命が維持されるそうです。

新陳代謝で生まれ変わる細胞の数は、一日におよそ3,000億個と言われています。目には見えませんが凄い事だと思います。

その『3,000億個』とも云われる細胞の新陳代謝が全て健全に行われれば良いのですが、何らかの原因で【ガン化】する細胞も出て来ます。

【ガン化】する細胞の数は毎日数千個も発生しているそうです。

しかし、私達の身体には【免疫機能(細胞)】が備わっています。

その【免疫機能(細胞)】が、ガン化した細胞を『身体の異物(悪いもの)』と認識して退治してくれるおかげで、私達の身体は健康に守られている訳です。

ここで私は1つ、疑問が出て来ました。

『癌になる人とならない人の違いは何なのだろうか?』と云う事です。

このあたりも踏まえて、私なりの見解でお伝えしていきたいと思います。