黄疸は、血液中のビリルビンの濃度の上昇により、粘膜や全身の皮膚が過剰に沈着(黄色)した状態といわれます。

ビリルビンは、血液中の古くなった赤血球を破壊する時にできる黄色い色素といわれます。

そしてビリルビンは、血液から肝臓に運ばれます。

肝臓はさまざまな働きをしていますが、胆汁という脂肪を分解する消化液を作る働きがあるようです。

胆汁は、胆管という管を通り、胆嚢に貯められた後、総胆管という管を通って、十二指腸に送られるといわれます。

黄疸の原因は、胆汁が流れる胆管を、胆管炎、胆嚢炎、胆石、肝硬変、肝臓ガン(腫瘍)などで、圧迫(閉塞)されることで黄疸症状が現れるといわれます。

私の黄疸症状は、肝臓ガン(腫瘍)の進行(大きくなる)で、胆管を圧迫して胆汁の流れが止まったことが原因でした。

黄疸の症状を改善するため、経皮経肝胆道ドレナージという手術を受けました。

手術後、チューブを通して黄色い胆汁が容器の中へと流れていたことを思い出します。

私は闘病中、『肝臓ガンと闘っているのか?それとも胆汁と闘っているのか?』という、錯覚さえ感じる闘病生活を思い出します。