外科での診察を受けた日から約1週間、黄疸での全身のかゆみは最悪の状態でした。
黄疸から来るかゆみは、健康な人には分からない、想像を遥かに超える痒みでした。

黄疸の痒みに『トクホンチール』と『ムヒ』

黄疸から来るかゆみが辛かった:肝臓がん末期闘病記

私はこの、黄疸からくる痒みの対処方法として、『トクホンチール』や『ムヒ』を身体全体に塗っていました。

自分で手が届かないところは、妻に塗ってもらっていました。

黄疸のかゆみ対策としての『トクホンチール』と『ムヒ』は、気休めにしかなっていなかったかも知れませんが、私はこの黄疸対処方法で黄疸から来るかゆみをしのいでいました。

今思えば、この時期に私の身体の中では肝臓がん、それも末期の肝臓ガンが牙をむき始めていたのだろうと思います。

また、この時期(期間)を少しでも短くする事が出来なのだら、また違う闘病生活だったのかも知れないとも思います。

身体も仕事も不安な日々

私は入院までの間、黄疸によるかゆさ、ダルさなど最悪の体調不良に加え、仕事の事も頭から離れず、とても不安な日を送っていました。

この時期は体がとても辛く、普段ならすぐ出来る仕事もなかなか終える事が出来ず、不安とイライラの連続でした。

しかし、一度入院してしまったらいつ退院出来るのか全くめどが無くお客様に大きな迷惑をかけてしまう事になってしまうので当時預かっていた車は何とか歯を食いしばり、入院前までに納めさせて頂きました。

そして入院前日。

子ども達が新お会いして自宅に集まってくれました。

「今まで一生懸命に仕事をして来たんだから、たまには休暇と思ってゆっくり休みなよ。」と言って励ましてくれました。

不安とイライラが安らいだひと時でした。


⇒次ページ 6:入院初日に肝臓ガンの告知を受ける
闘病記年表に戻る


■ご意見・ご相談等ございましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(入力内容は全てブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら