肝臓ガンを告知されてから、真っ先に自分に降りかかってきたのは【死の恐怖】でした。

肝臓ガンの告知を受けた当日の夜は、その【死の恐怖】と闘いながら、ひとりでいろいろな事を考えていました。

私はこのままガンが末期になって死んでしまうのだろうか。

多少なりとも心の準備があったとはいえ、やはり、肝臓癌と言う告知を受けてしまうと、恐怖しかありませんでした。

『どんな治療をしていけば私は生き延びる事が出来るのだろうか。』そんな事を死の恐怖と闘いながら考えていました。

ガン予防のために以前から飲んでいたサプリメント

ガンの告知を受けた翌日、私はある知人に電話をしました。
その知人は当時、私がガン予防のために飲んでいた『ガンに効く』と言う2種類のサプリメントを私に勧めてくれた人でした。

知人には、自分が肝臓ガンになってしまった事を伝え、肝臓ガンになってしまった以上、今までガン予防のために飲んでいた量ではダメだと思い、私に合った量をK県の病院(そのサプリメントを製造・販売している病院)に連絡をして聞いて欲しいと頼みました。

知人はすぐにその病院に連絡を取り、私に連絡をくれました。

それによると、『通常の3、4倍の量を飲んで下さい』との事でした。

私はとりあえず、言う通りに3、4倍の量で飲むことにしました。
ガン予防のために飲んでいたサプリメント:肝臓がん末期闘病記

がん治療の方法について説明を受ける

その日の午後、私の肝臓がんの治療方法について、担当の先生から説明がありました。

先生の説明によると、偶然だが、サプリメントを紹介してくれた知人から聞いていたK県の病院の治療法と同じでした。

『これならばK県の病院に行く必要もない。地元の病院で治療に専念出来る。』

私は治療方法の説明を聞いて、最先端のがん治療と最先端のサプリメントでもしかしたら私は助かるかもしれない!と感じました。

治療方法の説明を聞くまでは、そのサプリメントを製造販売しているK県の病院へ行って治療をしてもらう事も考えていました。
しかし、病院を移る、転院するという事は、兄が胃ガンの末期で入院していた時にどれだけ大変かという事も身をもって経験していました。
家族にとっても大きな負担になってしまいます。

なので私は、先生から聞いた肝臓ガンの治療方法を妻にも伝え地元の病院で治療に専念することに決めました。


⇒次ページ 9:肝臓がんの治療が始まる【経皮・経胆・胆道ドレナージ・ステント挿入手術】
闘病記年表に戻る


■ご意見・ご相談等ございましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(入力内容は全てブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら