私がカテーテル手術を受けた直後、妻は主治医から余命3ヶ月の宣告を受けていました。

もちろん当時の私は全く知りませんでした。

カテーテル手術の翌日、病院から自宅に電話があり、『話しがあるので病院に来て欲しい。』と言われたそうです。

妻は、とてもイヤな予感がしたそうです。

病院での主治医の話しは妻の『イヤな予感』通りでした。

『笹野さんのガンは大きく、肝臓にいくつも出来ています。』

『笹野さんの余命は3ヶ月です。』

妻はその場で泣き崩れ、しばらく椅子から立ち上がる事さえ出来なかったそうです。

余命宣告を受け泣き崩れる:肝臓がん末期闘病記

『そんな顔、旦那さんに見せられないよ。』
そう看護師さんに言われた妻は、顔を気持ちを落ち着かせようと病院の駐車場に向かい、しばらくの間、車の中にいたそうです。

余命宣告の事は絶対に話さないと決める

妻は主治医から私の余命宣告を受けた後、しばらく車の中で自分を落ち着かせていました。

いろいろな事が頭の中で駆け巡っていたそうです。

かなりの長い時間、車の中にいた後、妻は私の病室に向かいました。私はちょうど眠っていました。

しばらくすると私は妻に気付き、『足がだるい。もんでくれないか。』と言いました。

この時妻は、涙が出そうなので、下を向きひたすら私の足をもみ続けてくれました。

そして妻はこの時、『余命宣告の事は絶対に話してはいけない。』と決心したそうです。

その時の妻の気持ちを考えると今でも本当に胸が苦しくなります。

そして、いろいろな面で本当に良く『耐えて』くれたと思います。


⇒次ページ 12:肝臓移植 妻が肝臓提供を申し出る
闘病記年表に戻る


■ご意見・ご相談等ございましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(入力内容は全てブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら