大学病院からの帰り道、車の中で私達は健康食品を紹介してくれた伊藤さんの話しをしていました。

『伊藤さんには本当に感謝だよな。まだどうなるか分からないけど、とりあえずこの健康食品を試してから体調は良い状態になっているからな。』

『そうだよね、私も伊藤さんには本当に感謝しているのよ。』


私が肝臓移植を断ったこの頃、その健康食品を飲み始めてから【約3週間】でした。
たった【3週間】でも、誰が見ても明らかに私の状態は変わって(良くなって)いました。
逆に、最初に検査を受けてから肝臓ガンの告知を受け、この健康食品を飲み始めるまでの期間は【約1ヶ月】でした。
このたった【約1ヶ月間】で私の体調は急激に悪化しました。体重も10キロ落ちました。
私はこの2ヶ月の間で異常なほど急激な【V字ライン】を描いていたようでした。

もし万が一、伊藤さんに健康食品を紹介してもらうのがあと1ヶ月遅かったら、私はきっとこうしていられる事は無かったのだと思います。

末期がん患者の【時間】と言うのは本当に大切なのです。

まだまだ【時間】が欲しいと思う

その翌日、娘が孫を連れてやって来ました。娘も私が少し元気になった様子をみて、ホッとしたようでした。

『じいちゃん、だいじょうぶ?』

『うん。じいちゃんはだいじょうぶだよ。もうすこしできっとげんきになるから、そうしたらまたあそびにいこうな。』

『うん!やくそくだよ!』

そんな孫の姿を見ていると『私は癌なんかに負けて絶対に死にたくない。孫の成長をもっと見て行きたいんだ。俺はまだまだ【時間】が欲しいんだ。』

まだまだ人生を生きたいという気持ち、 肝臓ガンの末期だからと言って諦めない気持ちが湧いてきました。

そしてこの時は、体調が良かった事もあり、久々に孫達と遊園地へ行来ました。
孫と遊園地へ遊びに行く:肝臓がん末期闘病記


⇒次ページ 25:胆管を広げる事は可能?
闘病記年表に戻る


■ご意見・ご相談等ございましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(入力内容は全てブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら