2004年(平成16年)4月26日
私はバルーン手術(胆管を広げる手術)が可能か否か相談するため病院へ行きました。

大学病院での肝臓移植を断ってから最初の診察だったのでカルテ等がこの病院へ届いているのか、また先生方の心情等、何となく気まずい気持ちもありました。

でも、自分の命にかかわる事、誰にどう思われようとなりふりなんかかまっていられません。

バルーン手術について先生に相談する

待合室でしばらくすると名前を呼ばれ診察室へ。

先生に挨拶をし、いきさつを話しました。

肝臓移植を断った事についても先生はうなずきながら私の話しを聞いてくれました。

一通り話しをした後、いよいよ『本題』へ。

『先生、一つご相談があります。実はこのわき腹のチューブの件なのですが、胆管を広げる手術というのは可能なのですか?もし可能ならこのチューブも必要無くなって楽になれると思ったのです。』

『胆管を広げる手術というのは可能です。しかし、笹野さんの現在の状況で可能かどうかと言うのは検査をしてみないと何とも言えません。一度検査をしてみますか?』

『是非お願いします。』

私は二つ返事でお願いしました。それも出来る限り早い方が良いとお願いしました。

結果、2日後に入院することになりました。私はその日の内に入院の手続きを済ませて家に帰りました。

入院、期待が膨らむ

2日後の4月28日、バルーン手術(胆管を広げる手術)が可能か否かを検査するため予定通り入院しました。

1ヶ月ぶりの入院でした。

『俺がまたあの病棟に行ったら看護師さん達、皆驚くだろうなぁ。1ヶ月前、肝臓移植するって退院したはずなのに何でまた?って思うよな。』

『そうね。みんな驚くよね。でも何よりお父さんの体調が少しずつでも良くなっているのが私は嬉しいよ。』

そんな会話をしながら車で病院へ向かいました。

病院へ到着すると、『予想通り』看護師さん達は驚いていました。

肝臓移植うんぬんよりも、末期ガン末期のはずの私が1ヶ月前より確実に元気になっている事に驚かれていました。

私は看護師さん達のそんな反応をとても嬉しく思いました。

挨拶もそこそこに済ませ病室へ。この時の病室は4人部屋でした。

先生の話しまでにはまだ時間があったので、妻と一緒に病院1階のベンチで缶コーヒーで一服しました。

『手術が出来ても5月の連休までに退院は難しいかな。出来れば孫達と遊びに行きたいからな。でもこのチューブさえ無くなれば、これからはまた今まで通り何処でも遊びに連れて行ってやれるからな。』

まだ検査もする前から私は、もうチューブは取れるものだと期待一杯に妻に話していたのを覚えています。

期待に胸が膨らむ:肝臓がん末期闘病記

ちなみに2種類の健康食品については、後で妻に届けてもらうようお願いしました。


⇒次ページ 27:バルーン手術の説明を受ける
闘病記年表に戻る


■ご意見・ご相談等ございましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(入力内容は全てブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら