病院を退院してわずか3日目の事でした。私は酷い体調不良で嘔吐を繰り返し、救急車騒ぎになりました。しかもその際、医師は妻に『死の宣告』までしていました。

退院直後からの体調不良は、日を増す度に悪い方に進んでいました。この日の体調は最悪で、ベッドから起き上がろうとすると気分が悪くなり吐き気を催す状態でした。

私はあまりの体調の悪さに、同じ家の中に居る妻を携帯電話で呼んだ程でした。

妻はすぐビニール袋などを持ってきてくれました。

『お父さん、かなり体調悪そうだから病院に行こう。』そう言われて私も病院に行こうと、ベッドから起き上がろうとするのですがやはり吐いてしまいました。妻の手を借りて起き上がってみようともしましたが吐いてしまいました。

私は1階で自動車修理(塗装)工場を営んでいて、2階が外階段で自宅になっていました。

『何とか自分の力で下(1階)まで降りるから救急車を呼んでくれ。』

外に出るにはどうしても外階段で1階へ降りなければなりませんでした。

何とか救急車に乗るも気を失う

妻一人で私の身体を支えるのは大変なため近くに住む長男を呼び、私を自宅の2階から1階へ運んでもらおうとしましたがやはりダメでした。

私は救急車が来るまで何とか1階に降りようと階段を一段降りてはしゃがみ込み、一段降りてはしゃがみ込みと妻と長男の手を借りながら降りて行きました。

私が転げ落ちないように、長男が私の下に居てくれました。

『お父さん、救急隊員の人が来たら運んでもらえば。』

そう妻に言われたが、ここは私の性分なのでしょう、変なところで救急隊員の方に気を使っていたのかも知れません。

やっとの事で下まで降りました。

遠くで救急車のサイレンの音が聞こえて来ていました。

私は離れのおふくろの家の縁台に腰をかけようとしましたが上手く力が入らず、そのまま仰向けに倒れてしまいました。

しかし起き上がる力は残っていませんでした。

仰向けのまま、『早く来てくれ。』とサイレンが近づいている救急車の到着を待っていました。

救急車が到着し、私は3日前まで入院していた病院へ運ばれました。

病院に到着すると救急治療室に運ばれました。

「イチ・ニ・サン!」の掛け声とともに私は救急車の担架から、救急治療室のベッドへ。

その直後、私は気を失い、その後の事は覚えていません。

妻の目から見ても私の意識が薄くなっていくのが分かったそうです。

救急車で運ばれ死の宣告を受ける:肝臓がん末期闘病記

『ご主人はもう助からないと思います。』妻が死の宣告を受ける

私はこの時の救急車騒ぎの際、主治医から『死の宣告』をされていました。

看護師さんが私の脈拍と血圧を測ろうとしていましたが、脈が取れないと言っていたそうです。

結局3人の看護師さんが私の脈を測ってくれたそうですが、数値には出来ないくらいで、血圧も上が『60』だったそうです。

しばらくすると先生は妻を別室に呼びました。

『奥さん、ご主人はもう助からないと思います。会わせたい人がいましたら今すぐ連絡をして下さい。』

私は死の宣告をされていました。

妻はその時どんな気持ち、どんな思いで先生の言葉を聞いていたのかと考えると今でも本当に胸が痛みます。とても辛い思いをさせてしまいました。

死の淵から目を覚ます

それからどの位時間が経ったのでしょうか。死の淵をさまよっていた私は何とか持ちこたえ目を覚ましました。

辺りを見回すと、そこは個室の病室でした。

私はベッドで起き上がってみましたが、もうあの強い吐き気はありませんでした。

3日前まで入院していた病院だと言う事は分かっていたのですが自分が今居る場所が全く分かりませんでした。点滴台を押しながら廊下に出て看護師さんを見つけたので聞いてみました。

『ここはどこですか?』

『4階の病棟です。』

3日前まで入院していた病室は3階だったため分からなかったようです。

早速部屋を変えてもらいました。

私は自分の病室に戻り、一息つくと、ナースコールで看護師さんを呼びました。

何故か?それは相部屋の病室に変えてもらうためです。

個室であんなに怖い思いをしてしまったため、お恥ずかしい話しですが、どうしても相部屋にしてもらいたかったためでした。

あんな怖い思いとは?!

看護師さんは快く(?)相部屋の病室へ案内してくれました。

そこは4人部屋でした。

今回は救急車での緊急入院だったため、身の回りのものが何もありませんでした。

妻が来なければタバコも吸えなければ、缶コーヒーも飲めません。

私は妻が来るまで、ひとり静かに病室から外を眺めていました。


⇒次ページ 33:断食、辛い入院生活
闘病記年表に戻る


■ご意見・ご相談等ございましたら、こちらへお願いします。
入力頂いたメールアドレスへ可能な限り返信させて頂きます。

(入力内容は全てブログには掲載されませんのでご安心下さい。)

※メールでご相談される場合はこちら